おっちょのシンプルライフ

脱会社員に踏み切ったインテリア好きなフリーターのミニマリスト生活をお届け

ーおすすめ記事ー

結婚する気はなかったけど、友人の結婚式に行ったら感動した

f:id:occho_life:20190617111953j:plain

 

どうも、おっちょ(@simplelifeoccho)です。

 

昨日、元同僚の結婚式に出席してきました。

まず元同僚での出席ということなので、もちろん元上司の方々も出席されるわけで、それを考えると気まずい雰囲気で肩身の狭い思いをするかなーと思いましたが、そんな心配は必要ありませんでした。わがままな理由での退職を快諾して気持ちよく送り出してくれた元の会社の上司や仲間に対し、感謝の念でいっぱいで、改めていい環境に恵まれたなと実感できました。

そんな居心地のいい雰囲気の中での結婚式でしたが、全体を通して思ったのは「結婚ってなんか良いなぁ」と。

結婚式は僕自身ゲストとして初めての出席でした。結婚式に出たことのある人の話では、感動するとか、幸せをおすそ分けしてもらえるとか、行ってよかったなーと感じるようなことを聞きますが、正直以前までは「ただの儀式でしょ?」という認識しかありませんでした。でも実際出席してみたら、その人たちがそう言っていた理由がわかりました。

新婦がウェデイングドレスを着てヴァージンロードを歩く姿、誓約から指輪の交換、いざその場に居合わせると、「あぁ、本当に結婚するんだなぁ」と改めてしみじみ感じました。言葉の通り、二人がお互いを誓い合う儀式であり、元同僚としてもとても感動しました。そして披露宴での新郎新婦から両親に向けた言葉も感動しました。僕自身滅多に泣くことはなく、感情移入もあまりありませんが、その時ばかりはウルウルしてしまいましたね。

 

とまぁこんな感じだったわけですが、結婚したいと思う気持ちがなるでなかった僕も、実際結婚式に出席してみて「結婚って良いなぁ」と少し思うようになりました。

 

 

それでは今回はこの辺で👋