おっちょのシンプルライフ

脱会社員に踏み切ったインテリア好きなフリーターのミニマリスト生活をお届け

ーおすすめ記事ー

PC持ち運びに便利【リヒトラブ キャリングポーチ スマートフィット】軽くてしっかり素材

どうも、おっちょ( @simplelifeoccho )です。

 

今日は、僕が普段外でパソコン作業をする際に持ち運びに利用しているPCケースを紹介します💡

 

 

 

 

リヒトラブ キャリングポーチ スマートフィット

普段パソコンでブログを書いたり他の作業をしたりする時には家でやることが多かったですが、何かのきっかけでパソコンを持ってカフェに行ってみたら思いのほか捗ることを知ってからは、最近ではドトールやタリーズに行くことが多くなりました。 ただ、パソコンを裸のまま持ち運ぶのは危ないし、大きなリュックに入れていくのも邪魔だし何か良いものないかなと探していたら、近所にあるロフトでこちらを見つけました。

リヒトラブという事務用品メーカーのキャリングポーチです。

アマゾンや楽天などの通販サイトでは、現在約1,400円で販売されています。

僕がロフトで買った時は2,000円以上した気がします(笑)。

 

 

 

商品の特徴

商品の詳細は以下の通りです。

  • 【サイズ】A4
  • 【対応サイズ】13インチ薄型ノートPC
  • 【特徴】ペンやスマートフォンなど色々なワーキングツールを整理して持ち運ぶことができるキャリングポーチ
  • 【ショルダーベルト】別売
  • 【寸法】幅340mm×奥行30mm×高さ240mm

 

軽くてしっかり素材

日常的に使用する物であれば耐久性や強度が肝心ですが、このキャリングポーチにはCORDURA(コーデュラ:インビスタ社登録商標)ファブリックという優れた耐久性と持続性を備えた素材が使用されているため、軽量ながらも摩擦や引き裂き、擦り切れに強い作りになっています。

また、十分な設計・機能だけではなく、2013年にはデザイン部門で日本文具大賞優秀賞受賞しており、スマートでスタイリッシュな物が好きな方には良いアイテムかなと思います。

 

高い収納力

そしてこのキャリングポーチは、色々なワーキングツールを整理して持ち運ぶことができます。

細かい筆記具やノートはもちろん、スマートフォンやipadなど色々なワーキングツールを整理してスッキリ持ち運べます。A4サイズにおいては13インチの薄型ノートPCだったらすっぽり入る大きさです。

ペン用、メモサイズ、文庫本サイズ、ノートサイズ等大きさを分けてポケットがあるので、収納が分かり易く取り出しやすい設計になっています。

 

ワーキングシーンに合わせた様々な使い方

さらに、ワーキングシーンに応じて様々な持ち方ができます。

  • 手軽に抱えて持つクラッチバッグ風に
  • かばんの中身整理にバッグインバッグとして
  • 別売の「LIHITLAB.SMART FIT ショルダーベルトA7578」を付けて肩掛けバッグにも 

 

 

 

使ってみた感想

このキャリングポーチを買って1年になりますが、休みの日はだいたいこれを持ち歩いている僕が感じた評価を書いてみたいと思います。

 

軽いわりにしっかりしてる

やはり一番はその軽さですね。

メーカーも謳っている通り、擦り切れに強い素材でありながらとても軽量です。何が空っぽの状態で測ってみたら200gでした。

僕はこれにMacBook Proの13インチとその充電器、ノートやペン、本などを入れて持ち運ぶので結構重くなりますが、コンパクトにまとまり重宝できます。

そして1年間、高い頻度で使用してきましたが、今のところ目立った損傷はなく新品同然です。マジックテープ部分が少しほつれてきましたが、気になるのはそこくらいです。

 

収納スペースが多い

収納ポケットは全部で7つあり、それぞれに僕は結構パンパンに詰めて持ち運びしていますが、それでもコンパクトにまとまります。

f:id:occho_life:20190607172322j:plain

 

入れている物は

  • MacBook Pro 13インチ
  • ノート2冊
  • PC充電器
  • ペン3本
  • イヤホン
  • 画面クロス

 

本を入れるとだいぶ厚くなりますが、それでもしっかり閉まります。これだけ入れるとさすがにちょっと重いですが(^-^;

 

 

 

まとめ

そこまで多くは持ち運ばないんだけど、リュックほど大きくなくて丁度いい大きさのものを探しているっていう方がいらっしゃったら、こちらの商品はかなりオススメです。

そのまま手で持つのも良いし、バッグインバッグという使い方もできますし、あらゆるシーンで役立つアイテムかなと思います。

ロフトなどの雑貨店には大抵置いてあると思いますので、よかったら手にとってみてください。

 

それでは今回はこの辺で👋