おっちょのシンプルライフ

脱会社員に踏み切ったインテリア好きなフリーターのミニマリスト生活をお届け

ーおすすめ記事ー

【諦めたら試合終了】成功の反対語は失敗ではない、挑戦しないことである

 

 

さて皆さん、
いきなりですが問題です。
左の反対語は?

右!

暑いの反対語は?

寒い!

じゃあ、天国の反対語は?

地獄!

良いね、じゃあ成功の反対語は?

失敗!

そうだね、国語的には正解なんだけど、本質的には違うんだ。

 

 

 

失敗とは

 言葉の意味としての失敗とは、

物事をやりそこなうこと。方法や目的を誤って良い結果が得られないこと。しくじること。

引用元:コトバンク

 

義務教育をちゃんと受けてきた皆さんなら、

冒頭のやり取りでもあるように、

成功の反対は失敗だと思うでしょう。

繰り返しになりますが国語的には正解です。

反対語を問うテストに出されたとしても、それが正解です。

でも本質的には反対語ではないのです。

 

 

 

成功の反対は挑戦しないこと

ここで、ある有名なエジソンの逸話から

成功と失敗について考えてみましょう。

電球を発明したことで知られるエジソンですが、

電球を光らせるまでに行った試行回数は

なんと1万を超える途方も無い数だったそうです。

繰り返し繰り返し実験してきた末、

ようやく電球を光らせる方法にたどり着きました。

この過程の中で電球が光らなかった方法というのは、

国語的な意味で考えれば失敗だと言えるでしょう。

 

彼にとっての成功は、

もちろん「電球を光らせる」ことです。

では、このケースにおいての成功の反対は何か?

それは「電球を光らせることができなかった」ということです。

電球が光らない上手くいかなかった方法というのを、

成功の反対という意味で失敗とは呼べません。

その過程は成功への道中だからです。

幾度に渡る実験からやる気を失い諦め、

挑戦をやめてしまった時に初めて

成功への道が途絶えます。

挑戦することをしない、

あるいは挑戦することを辞めてしまったら

もう絶対に電球を光らせることはできませんでした。

つまり、成功の反対は挑戦しないことです。

 

 

 

諦めたらそこで試合終了だよ

f:id:occho_life:20190512173613j:plain

挑戦することをしない、

あるいは挑戦することを辞めた時に初めて

成功への可能性が消えます。

 

漫画『SLAM DUNK』でこのような名言があります。

 

諦めたらそこで試合終了だよ

 

この言葉も、挑戦することを辞めてしまったら

絶対に成功はできないということを意味しています。

考えてみえば当たり前のことではありますが、

シンプルにして奥の深い言葉ですよね。

 

 

 

「挑戦することを辞めてしまったら成功はできない」

これは言い換えると

「成功は挑戦から生まれる」

ということになります。

ですが、皆上手くいかないことを恐れて

挑戦を避ける傾向があります。

「現状維持バイアス」と言ったりしますが、

これは成功するのに邪魔な心理的作用です。

成功者は、「上手くいかないことなんて成功に付きものなんだ」

ということをよくわかっています。

こう思えるかどうかで、

その人生を実りある有意義なものにできるかどうかが決まってくると思います。

 

限りある人生、積極的に挑戦していきたいですね。

 

それでは今回はこの辺で👋

※『おっちょのシンプルライフ』専用の

Twitterアカウント作成しましたので

良かったらお願いします👍⬇️