おっちょのシンプルライフ

脱会社員に踏み切ったインテリア好きなフリーターのミニマリスト生活をお届け

ーおすすめ記事ー

【現金払いは時代遅れになる?】今後はキャッシュレス決済が主流に

どうも、おっちょです。

 

 

『時代は常に進化していくものです。』

 

どうしたんですかいきなり😳

 

私たちの生活にどんどんテクノロジーの波が

押し寄せてきているのは感じますでしょうか?

 

無人レジとか自動運転車とかですか?

 

そうですね。

テクノロジーの進化は今に始まったことではありませんが、

ここ数年で私たちの生活に徐々に浸透してきています。

 

そこで今回お話する内容は、

『キャッシュレス決済』についてです。

 

 

 

政府によるキャッシュレス化推進

政府は、2017年6月に閣議決定された「未来投資戦略2017」にて

10年後(2027 年)までにキャッシュレス決済比率を4割程度とすることを目指す

としました。

www.kansai.meti.go.jp

しかし2018年4月に公表された「キャッシュレス・ビジョン」では、

大阪万博に向け決済比率4割という目標を前倒しし、

より高い決済比率の実現を宣言しました。

 

 

このように政府が主体となって

キャッシュレス化を推進するのには理由があります。

そのうちの一つが、

『オリンピック・パラリンピックで訪れる外国人観光客の消費を取り込む』

ということです。

 

 

というのも、海外ではキャッシュレス決済がすでに主流になっています。

少し古いですが、

2016年時点、各国においてのキャッシュレス決済比率を見ると

  •   韓国・・・96.4%
  • イギリス・・・68.7%
  •  カナダ・・・56.4%
  • アメリカ・・・46.0%
  •   日本・・・19.8%

というデータがあります。

 

ほんの一部のデータですが、

これを見ると日本は海外に比べ

遅れをとっていると言わざるを得ません。

先進国なのか途上国なのかわからないです。

 

 

決済システムの整備が遅れている日本に

キャッシュレス決済がすでに主流になっている外国人が来たら

相当な機会損失を被ってしまうことは容易に想像できます。

 

 

こういった懸念が、

政府がキャッシュレス決済を推し進める

一つの理由になっていると言えます。

 

 

 

積極的にキャッシュレス派になるべき理由

f:id:occho_life:20190418174911j:plain

キャッシュレスを取り入れることで受ける恩恵は、

政府や関連企業に対してだけではありません。

私たち個人にも大きなメリットがあります。

 

現金を持ち歩かなくても良い

その名の通り

キャッシュ「レス」ですから

現金の持ち運びが不要になります。

財布自体もそれなりに重さがあるし、

小銭がいっぱい入っていれば相当な重さになりますよね? 

電子マネーやクレジットカードだと、

利用可能額に関係なく重さは変わりません。

 

ポイントが付く

楽天ペイやLINE PayなどのQRコード決済では、

支払額の数%がポイント還元されます。

そのポイントを支払いに当てることができるのでお得です。

もちろん現金支払いの場合はこのような仕組みはありません。

 

履歴が残る

クレジットや電子マネーで決済した場合、

その履歴が記録されます。

いつどこで使ったかわかるのでお金の動きを把握できます。

現金だと、レシートをとっておかない限り

覚えておくことは難しいです。

 

 

ミニマリストはもう取り入れてる?

⬇️の動画は、

僕がいつもYouTubeで観ているミニマリストのしぶさんが

投稿した動画の一つです。

 

ミニマリストであれば誰しもキャッシュレスを実践していると

言っていいかもしれません。

 

と言いつつ僕はまだ現金を入れて財布を持ち歩いていますが、

駅で改札を通るときはSuicaを利用しています。

いちいち切符を買うのが手間だからです。

iPhoneを落としすぎたせいか、

Apple Payが使えなくなってしまったため

今はICカードを使ってます。

 

 

 

終わりに

キャッシュレスを取り入れると、

なんと言っても身軽になります。

「身軽」はミニマリストの代名詞です。

持たないことが如何に楽なのか、

キャッシュレス化によってわかるのではないでしょうか。

 

 

身軽になるだけではありません。

女子からモテます。

  • お釣りの計算をしながら小銭をジャラジャラ出す
  • サッとスマホをかざしスマートに決済し颯爽とその場を後にする

どちらの男性がカッコイイかは言うまでもありません。

 

 

まだ日本はキャッシュレス社会が本格化しているとは言えません。

キャッシュレスシステムに対応していない店舗もあるでしょう。

そのために現金を持ち歩くのもありですが、

やはり時代の流れに乗れない者は淘汰されるのがこの世の常です。

よくなからないからと言って流行りを取り入れていかなければ

時代から取り残されてしまいます。

これは企業だけでなく個人にも言えると思います。

最初は慣れないかもしれません。

でも使っているうちに慣れてきます。

人間は慣れる生き物です。

スマートフォンが出たときと一緒です。

今はほとんどの人がスマホです。

ガラケーの人はほとんどいません。

いや俺はガラケーを使い続ける。

そんなことを言っている間に、

3Gサービスが終了し気付いてみたら

時代に取り残されていた。

なんてなるかもしれません。

 

 

時代に取り残されず、

むしろ先駆けとなって

積極的にキャッシュレスを

取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

それでは今回はこの辺で👋

※『おっちょのシンプルライフ』専用の

Twitterアカウント作成しましたので

良かったらお願いします👍⬇️