おっちょのシンプルライフ

脱会社員に踏み切ったインテリア好きなフリーターのミニマリスト生活をお届け

画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

【出遣いより小遣い】になってませんか?

こんにちは、おっちょです。

 

 

 

 

昨日久しぶりにお酒を飲んだら、今日お昼近くまでぐっすり寝てしまいました💦

 

お酒の力ってすげぇ、、、🍸

 

 

 

 

 

さて今回は 、お金の使い方についてです💡

 

 

出遣いより小遣いとは

f:id:occho_life:20190328172324j:plain

 皆さん、「出遣いより小遣い」ということわざを知っていますか?

読み方は「でづかいよりこづかい」です。

「大遣いより小遣い」とも言ったりしますが、

このことわざの意味は、

「まとまった買い物などで多額に出る費用よりも、日常の細々した出費の方が、かえって大きな金額になるものだ」

ということです。

 

読んで字のごとくです。

 

 

ミニマリズムな生活をするようになり、無駄なものを買わなくなってから、

人のお金の使い方というものが気になるようになってきました。

 

「あ〜この人、無駄遣いが日常化してそうだからお金貯まりづらそうだな〜」

なんて、思っちゃうんですよね。

「他人のお前にお金の使い方を言われる筋合いねぇよ!」

と言われればそれまでなんですが(笑)

 

こういうお金の使い方をしている人に向けた良い言葉無いかなーなんて探していたら、

このことわざを見つけたというわけです。

 

 

 

お金が貯まらない要因は小さな出費にあった

f:id:occho_life:20190328175628j:plain

 このことわざは上にも書いたように、

「大きな出費よりも小さな出費の方が、実は集計してみるとかさんでいる」ということを意味しています。

 

 

お金が貯まらない人の特徴として、小さな無駄遣いを繰り返しているということが挙げられます。

 

 

なぜ、そういう人にお金が貯まらないのか。

それは、このことわざが示すように

 

「大きな金額なら買うときしっかり必要性を考えたり自分の貯蓄額と相談したりするけど、小さな金額なら大きなダメージにならない、大したことないと考えるから」です。

 

まぁ、こう思ってしまいますよね。

僕も以前はそうでした。

 

 

でも、家計簿をつけてみてハッとしたのです。

「そんなに大きな買い物はしてないはずなのに、、、こんなに使ってたんだ、、、」

と。

 

多分そこまで世間の感覚とズレていないはずですが、

僕の感覚では、「何百円(500円未満くらい)」という単位ならそこまで深く考えず財布の紐を解き、無意識的にお金を払っていると思います。

 

この「何百円(500円未満くらい)」という金額のものって、嗜好品やちょっとした食品に多いですよね。

タバコやお酒、缶コーヒー、お菓子etc...

もうなんの躊躇もなく買っているはずです。

それも、「お金がないということを実感していながら」です。

 

こうした小さな出費が、かさみにかさんで支出の大半を占めていきます。

 

そして、

「大きな買い物はしていないのになぜかお金が貯まっていない」

という状態に陥っているのです。

 

 

 

お金が無いという人は大抵無駄遣いをしている

f:id:occho_life:20190328182201j:plain

 お金が無いという人に限って、無駄遣いをしている人が多いように思います。

いや、無駄遣いというよりは、貯める努力をしていないと言った方が良いですね。

あるいは、貯め方を知らないんだなと。

 

 

僕の周りにも何人かいます。

「いやいや、当たり前じゃん、そんなお金の使い方してるんだから」

と。

もう言っていることとやっていることが矛盾していて笑っちゃうくらいです。

 

 

⬇️⬇️⬇️の記事でも書きましたが、

お金を貯めるには、

「収入を増やす」

「支出を抑える」

か、です。

www.occho-life.com

 

「収入を増やすことはすぐにはできないので、支出を抑えましょう。」

ということを以前から主張しています。

 

 

支出の中には、「嗜好品」も含まれるので、

タバコやお酒が好きな方はこの支出を抑えるのはなかなか酷だと思います。

ただ、こういった小さい支出を抑えていけば確実にお金は貯まっていきます。

 

 

ある例を挙げてみます。

コンビニで缶コーヒーあるいはペットボトル飲料を毎朝1本買い、1ヶ月でタバコを20箱吸うような方だと、

だいたい月10,000円くらいかかっている計算になります。

 

 

年間で12万、

10年で120万です。

 

 

 

 

この金額をどう見るかは人それぞれです。

 

 

 

浪費癖を直すには

f:id:occho_life:20190328183653j:plain

 こういった浪費癖を直すにはやはり家計簿をつけるのが一番です。

なぜなら、何にお金を使っているのかが一目で分かるからです。

 

 

具体的な方法としては、言わずもがなですが、月々の出費を全て細かくリストアップしていってください。

ノートでも良いですし、家計簿帳でも良いですし、今は便利なアプリもあります。

気をつけてほしいのは、家計簿をつけることが目的にならないようにしてほしいということです。

家計簿をつけることはあくまで浪費を減らす為の手段です。

目的はお金を貯めることだということを忘れないでください。

 

 

リストアップできたら、どういったものにどのくらいお金を使っているかを見てみてください。

意外と小さな出費がかさんでいることに驚くはずです。

 

 

これが分かればあとはもう簡単です。

その小さな出費達を抑えれば良いだけです。

抑えた分だけ貯蓄になります。

 

 

簡単かつ確実にお金が貯まっていきます。

 

 

 

終わりに 

 いかがでしたでしょうか?

お金の話って、なんか下品で卑しいというイメージがあり敬遠されがちですが、

事実この社会は資本主義です。

お金がなくては生活していけません。

 

 

一度、お金にしっかり向き合ってみましょう。

お金をぞんざいに扱う人はお金から嫌われます。

お金に適当な人はお金から遠ざかります。

 

そして、

お金を大事にする人はお金に好かれます

お金に興味がある人にはお金が集まります。

 

 

目先の小さな利益に満足するのではなく、

それを我慢し、

遠い先の大きな利益を手に入れましょう!

 

 

 

 

それでは今回はこの辺で👋