おっちょのシンプルライフ

脱会社員に踏み切ったインテリア好きなフリーターのミニマリスト生活をお届け

ーおすすめ記事ー

テレビが能動的思考を妨げる

こんにちは、おっちょです。

 

 

 

昨日で連勤が終わり、今日明日と連休です。

 

疲れた体を休めるかと思いきや今日は7時に起床です。

 

偉いでしょ?(笑)

 

いやー、休日ってだけでなんかテンション上がっちゃって楽しくなるんですよね。

 

こんな単純野郎が休日に何をしているかというと、

 

・掃除洗濯

・読書

・ブログの更新

・ネットで良い家具やインテリアを探す

 

 

僕なりに充実しているかなって思います😁

 

その裏付けとして休日があっという間に終わるのを感じます😭

 

家でグータラして過ごすことはまずないですね。

 

こうやって外出して(今もカフェに来ています)過ごすことが多いです。

 

で、明日は会社の仲の良い人たちと月一恒例のパーティーをしてきます❗️

 

今回はお肉がメインになるそうで🍖楽しみです 😁

 

 

 

 

 

 

 

さて、前置きが長くなりましたが

 

今回はテレビの必要性について僕の考えを書いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

テレビ観過ぎじゃない?

f:id:occho_life:20190326174043j:plain

みなさんの家にはテレビはあるでしょうか?

 

大体のご家庭にはあると思います。

 

テレビの歴史を辿ってみると、

 

カラーテレビ普及率は'70年代から急激に伸び始め、

 

'80年代に入ると90%を越えてそこからは横ばいで今に至るまで95%を越えています。

 

ほぼ全世帯でテレビを保有しているということになります。

 

そして、各年代のテレビ視聴状況ですが、

 

60代〜70代の世代は定年を迎え、

 

家でテレビを観る時間が多くなります。

 

注目したいのは、現役世代の20代〜50代のテレビ視聴時間が

 

約2時間もあるということです。

 

単純に予想してみると、

 

朝出勤前や通学前に30分、仕事や学校から帰宅してから1〜2時間。

 

こんな感じでしょうか。

 

無駄を省いたシンプルな生活を始め、様々な本を読み、

 

いろんな方の考え方に触れてみて、この状況に

 

「ちょっとみんなマズいんじゃない?」と思うようになったのです。

 

 

 

 

 

テレビが能動的思考を妨げる

 

 みなさんがテレビを観る理由って何でしょうか?

 

・一人暮らしで寂しいから

・観たいドラマ、番組があるから

・時事ニュースを観るため

・何となく

 

これ以外にもいっぱいあると思いますが、大体こんな感じかなと。

 

まぁ理由はさておいて、

 

テレビを観る習慣のある人がどんな状態に陥ってるのかというと、

 

ズバリ、能動的思考が妨げられていると言えるでしょう。

 

能動的思考というのは簡単に言うと、

 

自分自身で問題を提起しその解決法を自分で探し出す

 

つまり考える力です。

 

あくまで僕の考えなので詳しいことは他のブログを見てみてください。

 

この能動的思考と相反するのが受動的思考です。

 

これは自分自身で考えるのではなく、他者から考えさせられている状態です。

 

テレビって色んな情報が流されるじゃないですか?

 

ニュースにしろ、CMにしろ、情報番組にしろ。

 

テレビを観てある思考が生じたとしても、

 

その思考の元となったのはテレビから伝わる情報、

 

つまり考えさせられているわけです。

 

ちょっと大げさかもしれませんが、洗脳されているとも言えるかもしれません。

 

もちろんその全てが悪いわけではありません。

 

ニュースで言えば、ただ事実だけを報道してそれを知る

 

ここで止まれば何ら問題はないです。

 

が、ここに偏った解釈や間違った解釈などが加わると危ないってことです。

 

「確実に痩せれる○○ダイエット法」、「○○は悪だ!」

 

本当にそうでしょうか?

 

過去の常識は今の非常識って言いますよね?

 

人間は流されやすい社会的な生きもので、しかもよりによって日本人にはイエスマンが多いです。

 

他人の意見を受け入れやすい傾向があります。

 

メディアの偏った情報で私たちの思考が形成されていると思ったら

 

なんか気持ち悪いですよね。

 

そんな人が95%もいると思うともっと気持ち悪いですよね。

 

クローン人間かって感じです。

 

これでは個性がなるでないですよね。

 

と言ってもテレビには良い側面もあります。

 

セレンディピティ的な出会いもあるかもしれません。

 

ですので一概に、受動的思考は悪い、とは言い切れません。

 

ただ、ちょっとテレビを観ている自分を振り返って、

 

もう少し自分で自発的に物事を考えてみる時間を作ると良いのかなって思います。

 

 

 

 

 

テレビ無しの生活をしてから一年半経った今

 

 僕がテレビを観なくなってから一年半経ちます。

 

観なくなったきっかけは本であったり、

 

僕の尊敬している人、例えば与沢翼さんや、苫米地英人さん、ホリエモンさんらからの影響が多いです(直接的にテレビを観るなという主張をしているわけではありません)。

 

観なくなったというか置いてすらありません。

 

なぜなら視界に入り、そこで変な思考が生まれてしまうからです。

 

あと掃除がめんどくさいっていう理由もあります(笑)

 

テレビなし生活をしてみてどうなったかと言うと、

 

実感としては、自分発信で考えることが増えたなーという印象です。

 

それは受動的に考えているわけではなく、

 

自分で必要な情報を取りにいく、つまり能動的思考からの行動です。

 

今はこんな考え方ができるようになりましたが、

 

昔は本当にテレビっ子で1日に何時間もテレビを観ていました。

 

テレビやメディアから入ってくる情報が全てでした。

 

まさに洗脳されていたんだなと。

 

今はその状態から解き放たれ、自分で考えることの大切さを実感し、

 

自分らしく誰の人生でもない自分の人生を生きていけてると思っています。

 

 

 

 

 

終わりに

 

偉そうに書きましたが、僕もまだ全然デキた人間ではありません。

 

でも、昔の自分より確実に良い方向に進んでいるという自信があります。

 

根拠はありません(笑)

 

良い方向に向かっているのかはもっと後になってみないと分かりませんが、

 

今の自分から過去の自分を振り返ってみると、

 

ここ1〜2年でだいぶ変化があったなーと思います。

 

それはもちろんテレビを観なくなったということだけが要因ではありません。

 

ですが、その影響は結構大きいのかなと思ってます。

 

「観たい番組や好きなタレントが出ているから」

 

これらを否定するつもりはさらさらありません。

 

観たかったら観ればいいと思います。

 

でも、何の目的もなく、ただ発信されている情報を鵜呑みにし、

 

情報に振り回されているのは良くないかもよ?

 

と言いたいだけです。

 

少し批判的すぎる書き方をしたかもしれませんが、僕の本音です。

 

同じような考えを持っている方、いやいや自分はこう考えているよ!

 

俺なんかもっとすごいぜ?という方がいらっしゃったら色々お話してみたいですね♩

 

類は友を呼ぶと言いますが、

 

同じような考え方をもつ方と知り合えたらなと思っていますので

 

もしこの記事に共感していただけたらスターやコメントをいただけたらと思います^^

 

 

 

 

 

 

それでは長くなりましたがこの辺で^^